カテゴリー ‘ 病気について

インフルエンザの頭痛の対処法

インフルエンザの苦しい症状のひとつ、頭痛を緩和する方法を調べました。

旦那がインフルエンザにかかり、頭痛に苦しんでうるさいくらいうなっているので…。

インフルエンザの頭痛の対処法

インフルエンザだと診断されて、インフルエンザの薬をもらっていることが前提です。
インフルエンザかな?という場合は、まず病院で確定させてインフルエンザ用の薬をもらうなり点滴をしてもらうなりしてくださいね。

インフルエンザの治療は発熱から48時間以内に開始しないと効果が薄いようです。

詳細を見る

アタマジラミの予防に子供にも安心のアロマが効く!

子供の保育所で、アタマジラミが大流行いたしました

アタマジラミの流行は初めてじゃないけど、子供にうつったのは初めてでした。
まあ~うつると大変ですね!

3日に一度のスミスリンシャンプーも、
5歳と3歳は5分おく時間が長い!

しかも寒い時期だったので、
体が冷えないように湯船につかって5分おいていたのですが、
1~2回目こそ大人しくしてるものの、シャンプーに慣れてくるとふざけだす…。

詳細を見る

インフルエンザの子だくさん家の家庭内感染対策

今年は早くからインフルエンザが流行している、というニュースを見ていたものの、
子供の保育所では特にインフルエンザが出ましたの張り紙がされることもなく、
わが子の通う小学校でもまだインフルエンザに対する警告文書は届いておりません。

頭シラミにご注意の警告は届きましたが。

で、このままインフルエンザ流行らんと終息したりして~と淡い期待をしていたのですが、
インフルエンザがそんな甘いはずもなく…。

インフルエンザの症状が出ています

なんていう、インフルエンザの園児が出ましたよというお知らせの貼り紙がされていました。

詳細を見る

脳炎でけいれん重積を起こした子供のその後・小6春編

1歳になってすぐに脳炎にかかり、けいれん重積を起こした子供の話を書いたことがありました。

こちらです⇒子供のけいれん重積と救急隊員の対応 / 脳炎によるけいれん重積

で、どうなったんだというのを書いてなかったことに2年越しに気付きました(>_<)

子どものけいれんを経験した親御さんには、その後の方が気になるかと思います。

なので、けいれんが治まった後の、脳炎直後の話や今の現状など書いてみたいと思います。

詳細を見る

イナビルの効果発現時間(効果が出るまでの時間)は?効果持続時間(効果が続く時間)は?

インフルエンザの新薬、イナビルの効果が出るまでの時間(=効果発現時間)と、効果が続く時間(=効果持続時間)についてのお話です。

イナビルは、1度の吸入で治療が完了するのですが、インフルエンザが治るまで効果が続くものなのでしょうか?

吸入して間もなく、まだ熱が下がらない、というような時には特に気になるかと思います。

イナビルの効果発現時間は?

イナビルは、比較的効果が出るのが早いと言われています。

詳細を見る

イナビルの予防投与は保険適用(保険適応)?自費?

イナビルのインフルエンザ予防効果が承認され、予防投与できるようになりました。

まわりでインフルエンザが流行りだした時に、予防できるならしておきたいですよね。

特に小さなお子さんや妊婦さん、仕事の都合でインフルエンザで5日間も休んでいられない人などにとっては、予防できるというのはとっても魅力的だと思います。

そこで気になるのが、イナビルの予防投与にはお金がかかるのか?

2013年12月に予防投与が承認されたばかりで情報が少ないのですが、調べてみました。

詳細を見る

イナビルの予防投与の効果は?添付文書あります

インフルエンザの新薬、イナビルは、2013年12月20日にインフルエンザ予防としての効能も承認されています。

インフルエンザにかかったら、大人ならイナビル40mgを1回吸入しますが、
予防の場合は20mgを1日1回、2日間吸入します。

合計40mgは同じですね。

イナビルの予防投与でのインフルエンザ予防効果は?

効能が承認されたわけですから、予防効果はあるのでしょうね。

実際に、熱が出たから学校でインフルエンザが流行っているし、と病院に行ったら検査で陰性で、予防にとイナビルを処方された、ということもあるようです。

詳細を見る

タミフルでは報告された異常行動、新薬のイナビルでは?

インフルエンザ治療の新薬、イナビル。
まだ処方されたことがなく、年が明けたし保育所に通いだしたら子供たちがインフルエンザにかかるかもしれないので、情報を集めています。
年末の保育所の登所はあと2日、という時になって「インフルエンザにかかったお友達がいます」という張り紙がされ、
念のために最終日はお休みしました。

そんな状況なので、年明け早々のインフルエンザあるかも?!と、今から危惧しております。

子供に処方してもらうとなると気になるのが、タミフルで問題となっていた「異常行動」。
命を落としたお子さんもいらっしゃり、親戚やお友達でも変なことを言っていた、という実体験を聞いたりして、怖く思っていました。

新薬、イナビルでは異常行動はないのか?同じくあるのか?調べてみました。

詳細を見る

インフルエンザの新薬、イナビルとは?タミフルとの違いは?

インフルエンザの治療薬といえば私なんかはタミフルがまず浮かぶのですが、2012年くらいから新薬のイナビルも使われているようですね。

はじめて聞いた私がまず思ったのは、「タミフルと何が違うのか?どうしてタミフルに代わってイナビルが使われるようになったのか」というところの疑問です。

そして、イナビルの使い方は?効果は?などなど、気になることはいっぱいあるので、調べてみたいと思います。

イナビルとは、タミフルとの違いは

私も飲んだことのあるタミフルは、カプセルに入っている飲み薬で(子供は体重に応じた量の粉薬)、1日2回、5日間飲みます。

イナビルは、吸入するお薬で、なんと1度の吸入で治療が完結するそうです。

詳細を見る

RSウイルスの症状は?子供の熱、咳、保育園は?大人もかかる?

RSウイルスにかかりました。

1歳5か月の末っ子がほぼ確定、
2歳11か月の次女もおそらく、
そして5歳の長女もたぶん。

誰も検査は受けていないので、完璧に確定ではないのですが。

詳細を見る

スポンサーリンク

子育て中のママブログ

にほんブログ村 子育てブログへ
子育て中のママたちのブログばかりが人気順に並んでいます。
お気に入りブログを探せます。