カテゴリー ‘ インフルエンザ

インフルエンザB型の子供の症状と、ネットをまるっと信じなくていい理由

5歳の次女がインフルエンザB型と診断されました。

【関連記事】インフルエンザB型の潜伏期間はA型より長いらしい

熱のピークは、なんと発熱後3日目。
(熱に気付いた日を含めると4日目)

発熱に気付いたのは0日目の朝。38.0度でした。

その日はかかりつけの小児科が午前診しかなかったから、
午前診の受付時間の最終で予約して受診し、検査してもらってインフルエンザB型と診断されました。

詳細を見る

インフルエンザ脳症の後遺症について

現在12歳の長男が11年前のちょうど今頃、
2月の末に脳炎を発症し、現在も言語障害、右半身麻痺(今は軽度)などの
後遺症があることをなんか本人よりも親が将来含め心配しています。

そして今日、インフルエンザ脳症によって脳死となってしまった子供さんの腎臓だか肝臓だか
忘れてしまったけど、移植されることになった、というニュースを観ました。

小児科の待合室で。
その後、5歳の次女がインフルエンザB型だと診断されました。

詳細を見る

インフルエンザB型の潜伏期間はA型より長いらしい

インフルエンザA型も流行っていますが、B型も流行っている

つい先週私がインフルエンザA型にかかりましたが、
本日次女がインフルエンザB型と診断されました…

インフルエンザA型とB型の潜伏期間の違い

私のインフルエンザ期間は先週ですでに終わっているので私からの感染ではないだろう、
とは思っていましたが、検査してびっくりB型でしたΣ(゚Д゚)

A型の流行は遅かったけど、B型は普通なのかな。

インフルエンザA型は、潜伏期間半日~2日で症状が出ることが多いそうです。
対してインフルエンザB型は、潜伏期間1~3日だそうです。

詳細を見る

イナビルの効果がある時間はいつからいつまで?

インフルエンザにかかりました( ;´・ω・)

夫のインフルエンザ5日目に私が発症しました…。

夫は今回のインフルエンザでは頭痛に苦しんでいました。インフルエンザの頭痛

インフルエンザとイナビルの時系列、いつからいつまで効くのか

今回の私の場合、

発症日:朝起きたら体に違和感。午前8時ごろ熱を測ると37.7℃。

午後4時ごろ、38.7℃。

詳細を見る

インフルエンザの頭痛の対処法

インフルエンザの苦しい症状のひとつ、頭痛を緩和する方法を調べました。

旦那がインフルエンザにかかり、頭痛に苦しんでうるさいくらいうなっているので…。

インフルエンザの頭痛の対処法

インフルエンザだと診断されて、インフルエンザの薬をもらっていることが前提です。
インフルエンザかな?という場合は、まず病院で確定させてインフルエンザ用の薬をもらうなり点滴をしてもらうなりしてくださいね。

インフルエンザの治療は発熱から48時間以内に開始しないと効果が薄いようです。

詳細を見る

インフルエンザの子だくさん家の家庭内感染対策

今年は早くからインフルエンザが流行している、というニュースを見ていたものの、
子供の保育所では特にインフルエンザが出ましたの張り紙がされることもなく、
わが子の通う小学校でもまだインフルエンザに対する警告文書は届いておりません。

頭シラミにご注意の警告は届きましたが。

で、このままインフルエンザ流行らんと終息したりして~と淡い期待をしていたのですが、
インフルエンザがそんな甘いはずもなく…。

インフルエンザの症状が出ています

なんていう、インフルエンザの園児が出ましたよというお知らせの貼り紙がされていました。

詳細を見る

イナビルの効果発現時間(効果が出るまでの時間)は?効果持続時間(効果が続く時間)は?

インフルエンザの新薬、イナビルの効果が出るまでの時間(=効果発現時間)と、効果が続く時間(=効果持続時間)についてのお話です。

イナビルは、1度の吸入で治療が完了するのですが、インフルエンザが治るまで効果が続くものなのでしょうか?

吸入して間もなく、まだ熱が下がらない、というような時には特に気になるかと思います。

イナビルの効果発現時間は?

イナビルは、比較的効果が出るのが早いと言われています。

詳細を見る

イナビルの予防投与は保険適用(保険適応)?自費?

イナビルのインフルエンザ予防効果が承認され、予防投与できるようになりました。

まわりでインフルエンザが流行りだした時に、予防できるならしておきたいですよね。

特に小さなお子さんや妊婦さん、仕事の都合でインフルエンザで5日間も休んでいられない人などにとっては、予防できるというのはとっても魅力的だと思います。

そこで気になるのが、イナビルの予防投与にはお金がかかるのか?

2013年12月に予防投与が承認されたばかりで情報が少ないのですが、調べてみました。

詳細を見る

イナビルの予防投与の効果は?添付文書あります

インフルエンザの新薬、イナビルは、2013年12月20日にインフルエンザ予防としての効能も承認されています。

インフルエンザにかかったら、大人ならイナビル40mgを1回吸入しますが、
予防の場合は20mgを1日1回、2日間吸入します。

合計40mgは同じですね。

イナビルの予防投与でのインフルエンザ予防効果は?

効能が承認されたわけですから、予防効果はあるのでしょうね。

実際に、熱が出たから学校でインフルエンザが流行っているし、と病院に行ったら検査で陰性で、予防にとイナビルを処方された、ということもあるようです。

詳細を見る

タミフルでは報告された異常行動、新薬のイナビルでは?

インフルエンザ治療の新薬、イナビル。
まだ処方されたことがなく、年が明けたし保育所に通いだしたら子供たちがインフルエンザにかかるかもしれないので、情報を集めています。
年末の保育所の登所はあと2日、という時になって「インフルエンザにかかったお友達がいます」という張り紙がされ、
念のために最終日はお休みしました。

そんな状況なので、年明け早々のインフルエンザあるかも?!と、今から危惧しております。

子供に処方してもらうとなると気になるのが、タミフルで問題となっていた「異常行動」。
命を落としたお子さんもいらっしゃり、親戚やお友達でも変なことを言っていた、という実体験を聞いたりして、怖く思っていました。

新薬、イナビルでは異常行動はないのか?同じくあるのか?調べてみました。

詳細を見る

スポンサーリンク

子育て中のママブログ

にほんブログ村 子育てブログへ
子育て中のママたちのブログばかりが人気順に並んでいます。
お気に入りブログを探せます。