スマホが子供に与える影響


スポンサーリンク

スマホの歴史がまだ浅いから、確固たる影響はまだ分からないそうですが、今影響を与えるとされていることをお伝えしたいと思います。

私的には、小さな子供にはやっぱりスマホより絵本かな、と思いました。

スマホが子供に与えるとされる影響など

スマホには雑菌がいっぱい

お金と同じく、スマホは汚れているようには見えなくても汚れています。
小さい子供は習性として噛んだりなめたりするので、その雑菌が赤ちゃんの体に入ってしまいます。

電磁波の影響

寝る時には頭のそばには置かない。電磁波が頭に吸収されるそうです。
でも電子レンジやパソコンの電磁波ですら影響は微小だと見たことがある気がするけど、長時間スマホに子守をしてもらうようなことはやめましょう。

視力低下

ブルーライトがダメらしいです。
それに、子供はなぜかスマホを近づけて見ようとします。兄妹がいるとなおさら、独り占めしよう、よりよく見たい気持ちから目の前に持ってきて見ます。

依存しやすい、発達に影響が出る

スマホは自分が指を動かせば反応してくれるから、依存しやすいらしい。
さらに、いろいろ見えるけど触ることはできないことは発達に悪影響が出る可能性がある、とのことです。

年齢別、スマホとの関わり方

2歳以前の子供は、スマホよりももっと生のふれあいが必要なのだそうです。
テレビも一方的な情報であることから、2歳以下の子供には長時間見せない方がいい、と昔から言われていますよね。

3歳以上の子供になると、ゲームで遊んだりアプリの意味をわかって使うこともできます。
親が一緒に遊んで、生のコミュニケーションも取りつつ短時間遊ぶには良いようです。
お勉強系アプリもたくさんありますから、親子でいっしょにお勉強するにも良いですよね。

小学生以上になると、学校の勉強に役立つアプリもたくさんありますし、我が家でも漢字のアプリとか日本地図アプリ、世界地図アプリなど子供のタブレットに入れています。
でも、やはり依存しやすい傾向はあると思います。
お友達が遊びに来てもゲームを続けたり、優先順位がおかしいんじゃないの、と思うことは多々あります。

スマホは決して悪のツールではないので、親の監視下の元使うなら良いと思います。
でも、それでも小学生以下の小さな子供にはわざわざ使わせる必要はないかな。
小学生以上に使わせる場合でも、LINEなどネットいじめが今後スマホの子供たちへの普及率が上がるにつれて増えることが確実視されているので、親のチェックが必要だと思います。

スポンサーリンク
  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

子育て中のママブログ

にほんブログ村 子育てブログへ
子育て中のママたちのブログばかりが人気順に並んでいます。
お気に入りブログを探せます。