卒乳で寝かしつけに困ったら、おんぶ、抱っこもいいけど絵本もいい


スポンサーリンク

卒乳したら、どうやって寝かしつけたらいいんだろう?

添い乳で寝かしつけをしていると、なかなか卒乳できない場合もありますよね。

おんぶや抱っこなどで寝かしつけるのは効果的ですが、体力がいるので、こちらがギブアップして添い乳に戻ってしまうことも。

体力を温存しながら(笑)子供も泣き叫ぶことなくスムーズにねんねするために、絵本はどうでしょうか?

妊娠のために卒乳する時におすすめの絵本

第2子第3子などの妊娠のために、卒乳してもらうというのは、子供本人のタイミングではないだけに、
難しいこともあるかもしれません。

卒乳もできつつ、お兄ちゃんお姉ちゃんになることへの楽しさも感じてくれたらうれしいですよね♪

おっぱい (たんぽぽえほんシリーズ)
おっぱい (たんぽぽえほんシリーズ)

最後に、ママのおっぱいを「弟にすこしかしてあげる」というお兄ちゃんの姿に大人も感動してしまう絵本です。

「赤ちゃんのために、おっぱいはもう飲めないんだよ」では、赤ちゃんにママを取られたと感じてしまうかも?

この絵本は、おっぱいを飲んで大きくなっていく姿を描いてくれているので、
大きくなったからおっぱいはバイバイね、今度は赤ちゃんの番だね、と話しやすいと思うので、おすすめです!

 

おとうとのおっぱい
おとうとのおっぱい

おとうとにおかあさんのおっぱいを取られてしまったおにいちゃんのお話。

お兄ちゃんお姉ちゃんがわがままに見えてしまうママにもおすすめかも。
お兄ちゃんお姉ちゃんもいっぱい我慢してくれてるんだなって、穏やかな気持ちになれると思います。

 

寝ることに気持ちを持って行こう

ねんねに集中させて、おっぱいを忘れさせる作戦です。

成功率はどうかなと思いますが(添い乳の安心感に勝るものはないのでしょうね)
入眠儀式として取り入れるのもいいと思います。

もうねんね (松谷みよ子あかちゃんの本)
もうねんね (松谷みよ子あかちゃんの本)

いないいないばあが超有名な松谷みよ子さんのあかちゃんの本シリーズの1冊です。

かわいい動物たちの眠そうなお顔が眠気を誘う絵本。
読んでる方も癒されて眠気に襲われることでしょう(笑)。

 

ねんねん ねむねむ おやすみね
ねんねん ねむねむ おやすみね

このタイトルを見てもわかる通り、リズムの良い詩のような文章が眠りを誘う絵本。

絵がかわいくて、読んでる方も穏やかに癒されます。

 

みんなおやすみ…
みんなおやすみ…

冬眠のお話なのでちょっと寝かしつけとはスケールが違いますが(笑)
温かいお話に、ママの心がホッとするような絵本なのでおすすめです。

 

やさしい絵本でママもほっこり

早く寝てほしい、寝ぐずりにイライラする、そんなママの気持ちを感じ取って眠れない赤ちゃんも多いそうです。

癒し系の絵本でママの心がまず安らぐことは、寝かしつけにも良いんだと思います(^_^)

 

スポンサーリンク
  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

子育て中のママブログ

にほんブログ村 子育てブログへ
子育て中のママたちのブログばかりが人気順に並んでいます。
お気に入りブログを探せます。