手足口病の症状と治療は?薬は?登園の目安は?


スポンサーリンク

1歳の娘が手足口病にかかりました。

先月から保育所に通い始めたばかりの娘が、手足口病にかかりました

でも、保育所では流行っていない、と言われました。

どこでもらったんだろう?感染源は一体どこ?

手足口病は子供が大きくなるほど辛いので、1歳の娘だけで治まってくれることを願います。

手足口病の症状は?

その年によって流行る型が違うのか、毎年ちょっとずつ違う症状が出るように思います。

今回1歳の娘に出た症状は、

まず、発熱。

晩ごはんも元気に食べたのに、急にすーっと眠くなりだした娘。

もう寝る時間だから眠くて当然なんですけど、その眠りだし方がなんか急というか、いつものように寝かしつけて寝る、限界まで遊んで寝る、

という感じじゃなかったんです。

それで、異変を感じて熱を測ると、なんと39.9度!もうほとんど40度!!

でもまだ、手足が冷えていたので、いったんバスタオルと布団で温めて、手足がぬくくなってから布団を取って、頭に氷枕を敷きました。
氷枕は、けっこう拒否されて意味ナシな感じでしたけど。

翌日は、朝は38.6度とちょっと下がって、夕方から夜はまた上がって39.4度が最高でした。

さらに翌日、3日目には、朝36.6度、夜37.9度でした。

今、そのさらに翌朝、4日目の朝です。

そして、発疹。

手足口病というのは、手のひら、足の裏、口の中に発疹ができるのが特徴です。

でも、この3か所にだけできるのもではなくて、足やお尻にも発疹が出ることがあります。

今回の娘の場合、まず気付いたのがお尻です。

大きな発疹が出来ていて、熱を出した翌朝、おむつ替えの時にびっくりしました。

手足口病かも!と思って手のひら、足の裏を確認すると、小さなポツポツが。

大きいのはお尻だけでした。

翌日には、お尻の大きな発疹は枯れ始めました。

3日目には、お尻の発疹はほぼ枯れ、足のひざからしたにも大小織り交ぜた発疹ができました。

口の中は、発疹に気付いた発熱の翌日にはお尻にできてるのくらいの大きな発疹がある、と病院で言われました。

食欲が落ちたのは、2日目。

3日目には、口元にも大きな発疹ができて痛々しかったですが、ほぼいつも通り食べていました。

治療は?

発疹は放っておけば枯れますし、手足口病はウイルス性なので体の中からウイルスがいなくなるのを待つしかありません。

治療は、安静にすること、みたいな感じです。

あと、水分をしっかり摂らせること。

口の中が痛くて、水分すら嫌がることもあります。

でも、少しずつでいいので、飲みやすい飲み物を探しつつ、水分を摂らせてあげてください。

幸い1歳の娘は今回、よく飲んだので、水分補給については心配しませんでした。

食事は、無理に食べさせる必要はありません。

暑い時期にかかることが多いのでアイスとか、たまご豆腐とか、プリンとか、のど越しのいい食品をあげるとまだ食べやすいと思います。

薬は?

手足口病には特効薬はありません

でも、娘の場合はまだ1歳と小さいので、口内炎からの合併症を防ぐ意味で、予防的に、と抗生物質をもらいました。

抗生物質による下痢を防ぐ整腸剤と、鼻水が出るので鼻の薬と、計3種類の薬をもらいました。

いずれも飲みきりではなくて、抗生物質と整腸剤は熱が下がったらやめて、鼻の薬も症状が治まったらやめるように言われました。

登園の目安は?

熱が下がって、丸1日上がらず、ごはんが食べられるようになれば登園OK、と言われました。

治癒証明については、いる園といらない園とがあるようです。

娘の保育所では、治癒証明はいらない、と言われました。

登園しないように定められている病気ではないので、風邪などと同じく、発熱が治まって給食が食べられるくらい回復していれば、発疹が残っていても大丈夫だそうです。

最後に

手足口病は、感染力の強い病気な上に、1度かかってもまたかかります。

先ほども言いましたが、子供の年齢が大きくなるほど痛がり方も増します。

うちは子供が多いので、家庭内感染を防ぐのが大事だと思うのですが、やっぱり子供同士はなかなか用心してくれませんね。

うつってなければいいんですけど。

スポンサーリンク
  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

子育て中のママブログ

にほんブログ村 子育てブログへ
子育て中のママたちのブログばかりが人気順に並んでいます。
お気に入りブログを探せます。