夏休みの自由研究、小学生が低学年でも1日でできるテーマ


スポンサーリンク

夏休みの宿題の中で困る自由研究。8月31日の1日でもできる自由研究を提案します。

夏休み 自由研究 小学生

夏休みの宿題は、プリント類は早くに終わらせることができても、絵を描く宿題や自由研究などは何をどうすればいいのか分からなくて、困っている間に8月も終わりにさしかかっていたりしがちですよね。

そんな、夏休みのラストでも完成させられる、特別な道具もいらない自由研究をご紹介します。

自分年表

自分の歴史を年表にし、そして未来の自分を考えよう、というものです。

自分が生まれた日から始まり、妹が生まれたとか弟が生まれたとか、ちょっと大きなけがをしてしまったとか、保育園に入ったとか、お友達とケンカをしたとか、小学生なりにもそれまでの人生になにかしらはあると思うんです。

それを、年表にまとめます。

絵を描いたり、自分のコメントを書いたり。

そして、未来の自分に向けて、何歳にはこれをして、こんな大人になりたい、というようにまとめます。

大きめの紙と鉛筆や大事なところを目立たせるような赤ペンとか蛍光マーカーとかあれば、1日で出来上がります。

食器の大きさくらべ

家にある食器に水を入れて、何cc入ったかを調べます。

それを、大きい順や小さい順に並べて、それぞれ主に誰が使う食器か、何に使う食器かを家の人に聞いてまとめます。

たとえば、ごはん茶碗だったらお父さんのは○○cc、お母さんのは○○cc、私のお茶碗は○○cc、という感じです。
これはごはんを入れるお茶碗です。私はゆかりごはんにするのが好きです、みたいな。

家で使っている電池調べ

家の中にはいろんな物が電池で動いています。

たとえば、リモコンは単3電池2本、とか、何にどの大きさの電池が何本使われているのかを調べます。

おもちゃの電池や、コンロの電池、体温計の電池、携帯電話の電池、などを調べていくと、見慣れた電池以外にも出てきます。

旅の思い出すごろく、夏休みの思い出すごろく

旅行や帰省などしていたり、日帰りでもお祭りに行ったりプールや海に行ったりとちょこちょこお出かけしていたら、それらをすごろくにまとめます。

スタートとゴールは家。旅行だったら、それぞれ日付と家を出た時間、家に帰った時間を書くといいですね。

飛行場や駅、観光に行ったところや海などを数マスごとに配置します。

たまに「道に迷って3マス戻る」「パパがおなかを壊して家に戻る」などちょっとしたアクシデントを入れてもいいですね。

旅の思い出の一コマを「星いっぱいの夜空を見られて2マス進む」などのイベントにしたりして、楽しいすごろくにしましょう♪

日ごろしないことをしてみるのが自由研究

自由研究キットみたいなものを買ってくると、凝った自由研究がわりと簡単にできてそれはそれで良いのですが、今回はもうそんなの用意してる時間がない!という鬼気迫る状況でもできる自由研究をご紹介しました。

いずれも、小学1年生でもできると思います♪すごろくはちょっと難しいかな?大きいすごろくにせず、小さくまとめても良いのではないでしょうか。

夏休みの最後にするのなら、その思い出をまとめられるような自由研究もいいですね。

スポンサーリンク
  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

子育て中のママブログ

にほんブログ村 子育てブログへ
子育て中のママたちのブログばかりが人気順に並んでいます。
お気に入りブログを探せます。