子供のコンセント事故の実話


スポンサーリンク

子供のコンセントの事故の話をママ友から聞きました。

コンセント事故

コンセントは電気が流れてるものだから危険だ、と知ってはいたけど、危険度については軽く考えていたことに気付けました。
ガスも怖いけど、電気だって十分こわい!!

コンセントとフォークで爆発?!

ママ友の子供ちゃんは1歳3ヶ月。
晩ごはんの用意をしていた時、目を離してる間にテーブルに並べたフォークを手にしていたそうです。

テレビやDVDレコーダーなどのコンセントを挿しているところに、フォークの先をグサッと突っ込んだらしい。
すると、ボン!!と、床が揺れるように感じるほどの爆音が響いたそう。

子供ちゃん本人は、「ぼん~ぼん~」と笑っていたらしいです。

銀オンリーのフォークなら即死

急いで子供ちゃんを救急病院に連れて行ったところ、何の問題もなくて事なきを得たそう。

プラスチックの持ち手のフォークだから無事だったらしくて、

「プラスチックがなければ、即死だった」

と病院で言われたらしいです…。

ぞっとしました。この話聞いて。

火事の危険も

たまたまその時、カーテンを洗うために取っていたらしいんです。

カーテンをいつもの通りにしていたら、火花がカーテンに引火してたかも?!
超偶然ですが、本当に良かったです。

他のコンセントは溶けて使用不能に

テレビやDVDなどをたこ足配線にしているコンセントにフォークを突っ込んでボン!となったので、もろもろのコンセントが溶けて変形し、家電たちが使用不能になったそうです。

テレビだけは、すぐに電気屋さんに来てもらってコンセントを取り換えてもらったそうですが、その他家電はまだ修理できていないんだそう。
空気清浄機なども差さっていたらしくって、使えなくなってしまったらしい。

子供の事故は予想がつかないからこそ

まさか、晩ごはんの準備でそんな事故がコンセントから起こるなんて、思ってもいません。

でも、起こるんですよね。

私はこの話を聞いてから、フォークなどカトラリーは最後にテーブルに持っていくようにしています。
子供が何を使ってどんな事故を起こすかすべては予想できないけど、事故につながる可能性を知ったからには対策をしたいと思います。

スポンサーリンク
  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

子育て中のママブログ

にほんブログ村 子育てブログへ
子育て中のママたちのブログばかりが人気順に並んでいます。
お気に入りブログを探せます。