感染力の強いロタウイルス、消毒の仕方


スポンサーリンク

ロタウイルスを消毒して家庭内感染を防ぐ!

ロタウイルスの感染力はとても強く、ひとりかかったら家族にうつりやすいです。
特に、まだ一度もロタウイルスにかかったことのない子供や赤ちゃんがいたらうつって当然、なくらい。

ロタウイルスは大人にもうつります

一度かかれば2度目以降は軽くで済むらしいロタウイルスですが、やはり抵抗力が落ちてるような状態で感染したりすると、大人でも嘔吐や下痢に苦しむこともあります。

子供の病気だと思わず、自分への感染対策も忘れずに!
子供が吐いて処理をする時、下痢のおむつを処理する時などはゴム手袋やマスクなどをして、処理後はしっかり石鹸で手を洗う、など基本的な予防策を徹底することが大切です。

ロタウイルス対策の消毒液の作り方

まず、塩素系洗剤を用意します。

ハイターやキッチンハイターなど、「混ぜるな危険」と書いてあるもので、成分に「次亜塩酸ナトリウム」とあるものです。
この「次亜塩酸ナトリウム」がロタウイルスの消毒に有効です。

そして、ハイターの原液を200倍程度に水で薄めます。

有効とされる濃度はいろんなサイトや地域によっても差があるらしいので、感染症情報センターのホームページを参考にした数字です。

ペットボトルで手軽に消毒液を作ろう

500mlのペットボトルを用意します。
そのふたに半分くらいの塩素系洗剤をペットボトルに入れて、 水を満タンにして、しっかりふたをしてよく振って混ぜます。
ペットボトルのふたは一杯5ccだそうです。

時間が経つと消毒効果が薄れるので、毎日作った方が良いです。

ロタウイルスの時の洗濯の仕方

衣類に嘔吐物や下痢などが付いた場合は、ウイルスが付いていると思って、作った消毒液で手洗いして除菌してから洗濯機に入れてください。
でないと、洗濯機の中で他の人の洗濯物にまでロタウイルスがくっついて、感染してしまいます。

私はいちいち塩素系洗剤の量や水の量を計るのが面倒で、バケツに適当にお湯を入れて、適当にハイターを入れて取り急ぎつけおきしてから、子供たちのお昼寝中とか時間のできた時に手洗いしていました。
黒のズボンがひとつ、色が抜けてまだら模様になってしまい、お別れしました…。

床などの消毒の仕方

床などに嘔吐物が付いた時は、消毒液にひたしてしぼったタオルやぞうきんなどで嘔吐物などをふき取った後広めに消毒してください。

ウイルスが飛ぶので、スプレー容器に消毒液を入れてスプレーするのは良くないそうです。

ふき取ったタオルやぞうきんなどは、ビニール袋などにぴっちり封印して捨ててください。

スポンサーリンク
  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

子育て中のママブログ

にほんブログ村 子育てブログへ
子育て中のママたちのブログばかりが人気順に並んでいます。
お気に入りブログを探せます。