早生まれは損ってあるの?ただ保活に関しては…


スポンサーリンク

うちは上2人が早生まれ、下2人は遅生まれです。

1月、3月、5月、11月、と誕生日はほぼ2か月おき(笑)

上から2人が早生まれだったのもあると思うのですが、2人目の出産予定日を夫の両親に伝えた時、

「また早生まれか」

的なことは言われました。

一番上が男の子なこともあったのか、早生まれに関してはけっこう言われました。

体が小さくてかわいそう、4月生まれの子と差がある、って。

実際、夫も夫の兄も4月生まれ。狙ってってほどのことはなさそうですが。たまたまっぽい。

私自身は8月生まれ。早生まれも遅生まれも意識したことは皆無でした。

未就学児の頃に「早生まれ」に目が行くのって、やっぱり一番は「体の大きさ」かと思います。

でもうちの長男は、早生まれながら第1子で加減が分からず母乳の上にミルクを飲ませてしまい、丸々と太って背も大きい方で、「体小さいけど、早生まれ?」とか無神経なことは幸いにも言われずに済みました。

「こんな大きいけど、早生まれなんですよー」って自分から言ってたくらい。

やっぱり一定数「早生まれかわいそう」って人はいるから、「早生まれでも大きいけど??」ってけん制してたのかしれない。無意識でしたけど。その時は。

それと、体が大きい割に幼い部分が多々あるので、「体は大きくても早生まれ」というけん制もあったと思います。今思えば(笑)

いろいろけん制してたのかなあ(;^ω

ずっと体が大きめのまま成長していき、中2の現在、クラスで後ろから2番目で体が小さいっていうのはないと思います。

あんなに丸々してたのが、今はガリガリではありますけど。夫の家系による体質だと思います(;^ω^)

私自身、早生まれの子供も遅生まれの子供も育てる中、特にどっちが損とか得とかないと思っています。

だって見方の違いで、あと表現の違いで、

長女は小さめだから「うちの子は早生まれだから小さいんですよー」とも言えるし、

末っ子が「しっかりしてるね。うちの子と同い年なのに」って言われた時に「5月生まれでもう5歳なってるから」って嫌味のない謙遜ができると思うし、

まあ、結局「ものは言いよう」なのかなって。

だって、3月生まれの長女は体は小さいけどしっかり者で、「しっかりしてる」ところをクローズアップされたら「いやいや~でも体が小さい」ところを言えるし、「体が小さい」ところを言われたら「そりゃー3月生まれだからね」って言える。

早生まれも遅生まれも、ものは言いようなんじゃないかなって。

なんかつついてくる人なんてしょせんつついてくる人だから(友達だろうと親戚親類だろうと)見方を変えて言い方を変えてしまえばいいんじゃなかろうかって思います。

ただ、言いようだけではどうしようもないものもあると思います。

うちは末っ子が5月生まれなのですが、0歳児クラスに入ったのは、7月でした。すでに1歳を迎えていて、空きがあるって聞いて申し込みました。

5月生まれだと、7月の途中入所で保育園のクラスは「0歳児クラス」なんですが、実質1歳過ぎてるんですよね。「4月時点で0歳だから」。

それが3月生まれだと「生後6か月以上」という0歳児クラスの入所基準に満たないんです。

「保活」に関しては、早生まれの方が有利なんだ、という体験はしました。

でも、それ以外では、今のところ私は早生まれだろうが遅生まれだろうがどうでもいいと思っています。

スポンサーリンク
  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

子育て中のママブログ

にほんブログ村 子育てブログへ
子育て中のママたちのブログばかりが人気順に並んでいます。
お気に入りブログを探せます。