テストや成績と提出物。長男の夏休み前の懇談にて。


スポンサーリンク

我が家の長男は今年の春中学校に入学し、夏休み前に初めての三者懇談がありました。

長男は1歳の時に脳炎にかかり(子供の痙攣と脳炎)、後遺症があるので支援学級に籍を置き、授業はみんなと一緒に受けて、テストは別室で時間を15分延長して受けさせてもらいました。

その辺は、長男と先生方とで相談の上決まったようで、私は「このようにしようと思いますがどうですか?」みたいに聞いてもらって、お願いします、と返事して対応していただいた感じ。

テストの点だけじゃダメ。成績判定における提出物の大事さを知らなかった

私は長男にはせめて高校は卒業してほしいと思っています。

なので、期末テストの点数が教科ごとのバラつきが多少あれども5教科平均でちょうど平均点くらいで数点上なくらいだったので、いい学校には行けなくとも高校には行けそうな成績なのかな、と思っていました。

が、懇談で見せられた成績表は、評価「2」が多い…(´・ω・`)

平均点取れてたら「3」じゃなかった…

平均点くらいのテスト=5段階評価で真ん中の「3」なのかと単純に思っていましたが、提出物が出てなさすぎて評価が低かったらしいです。

・・・・・・・・Σ(゚д゚lll)

理科は、細かい成績表を作ってくれていて見せてもらったら、提出物「×」だって。

「◎」「〇」「△」「×」での「×」・・・・・・・・

どんだけ出してないねん。

私も中学時代にあんまり提出物出してなかったら評価に影響するって知ってたのかな。

昔はそんな提出物で評価変わるほどじゃなかったような気がするねんけど、普通にノートとか出してたから気にしたこともなかったのかも。

てか、なんで出せへんねん(# ゚Д゚)

テストの点数が悪くても、提出物でカバーもできる

この先、テストの点が落ちれば評価は「1」になる、と言われました。

でも逆に、ちゃんと提出物を出せばテストの点数が悪くてもカバーできる、実際に長男より点数悪くても評価の良い子もいるって。

教科の中でも評価点がたぶん5項目くらいに分かれていて、それぞれに「A」「B」「C」の評価があって、Aがいくつ、Bがいくつで科目の評価が「3」になる、とかって決まってるそうです。

提出物のチェックは、しておきましょう

私が知らなかっただけで世のお母さん方は知ってることだったのかもしれませんが、提出物がそんな重要とは知りませんでした。

出さないといけないものだとは思ってたけど、評価につながるとは思ってなかったというか。

もう中学生だし、元から学校生活のことは本人に失敗しながら自力でやってってもらうスタンスだったのですが、2学期はがっつり口出してこうかと思いました。

スポンサーリンク
  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

子育て中のママブログ

にほんブログ村 子育てブログへ
子育て中のママたちのブログばかりが人気順に並んでいます。
お気に入りブログを探せます。