脳炎の後遺症の長男、口腔機能障害専門病院にて


スポンサーリンク

口腔機能障害専門の病院ではないのですが
(なんといっていいのかわからなくて…すみません)
口腔機能障害を専門とする部門にて受診してきました。

結果、「口腔機能障害」というよりはやっぱり

「脳炎の後遺症」

が正しいようです。

そうか、そりゃそうだ。
脳炎になったから口腔機能障害があるねんもん。

と、素直に思いました…(*ノωノ)

でも、「脳炎の後遺症の病院」なんてないし、
「脳炎の後遺症」が一定じゃないから、

たぶん現れる症状に対しての処置なり治療なり訓練なりを
していくしかないのだと思います。

長男はこちらの病院の治療対象ドンピシャではなかったものの、

長男の症状に合うであろう、
「言語療法士の中でも小児のスピーチに詳しい先生」
を探してくれるそうです。

紹介できるとは約束はできない、と申し訳ないってすごく言ってくださったんですけど、
長男のために時間を割いていただくだけでも本当にありがたいし申し訳ないです。

長男は以前小児言語を受診していた時に

「鼻と口の間の弁が働いてないから、
口の中に留まるべき空気が鼻に抜けてしまっている」

って言われたことがあって、
それがなくなれば多少はしゃべれるようになることに近づくのかと思ったのですが

長男の場合はしゃべれない原因が弁のみにあるわけではなく、
しゃべるっていうことは様々な要素が絡まってできることであって、その過程過程に問題があるからひとつ治せばしゃべれるってものではないし、
むしろ弁の手術なり器具なり使ったとしても
得られる効果はおそらく少ない。長男の負担のわりに効果が期待できない

と言われ、
病院の数打てばどうにかなるレベルじゃないんだな、と思いました。

そんな難しい状況なのに、
毎日のんきに笑って過ごしてる長男ってほんとすごいなって、
改めて思いました。

でも、しゃべることに対してはそうだったけど、
私が今一番頭の痛い「よだれ」に関しては、

「こちらの方が力になれるかも」

って言っていただけました!!!

なんか、前歯の型を取ってくれたりして、
トレーニング器具を作ってくださるそうです!

トレーニングがめきめき効果のある人もいれば
まったく効果のない人もいるらしいですが(笑)

やれることがあることがうれしい!!

トレーニングの効果のほどは、
本人のやる気に大きく左右されるそうです。

さすがにのんきな長男もよだれに関しては気にしているだろうし、
やる気出してがんばってほしいところです!!

スポンサーリンク
  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

子育て中のママブログ

にほんブログ村 子育てブログへ
子育て中のママたちのブログばかりが人気順に並んでいます。
お気に入りブログを探せます。