インフルエンザB型の潜伏期間はA型より長いらしい


スポンサーリンク

インフルエンザA型も流行っていますが、B型も流行っている

つい先週私がインフルエンザA型にかかりましたが、
本日次女がインフルエンザB型と診断されました…

インフルエンザA型とB型の潜伏期間の違い

私のインフルエンザ期間は先週ですでに終わっているので私からの感染ではないだろう、
とは思っていましたが、検査してびっくりB型でしたΣ(゚Д゚)

A型の流行は遅かったけど、B型は普通なのかな。

インフルエンザA型は、潜伏期間半日~2日で症状が出ることが多いそうです。
対してインフルエンザB型は、潜伏期間1~3日だそうです。

インフルエンザB型の方が発症が遅めなんですね。

今日木曜日にインフルエンザB型と診断された次女は、
1~3日前=水曜日の朝~月曜日に感染したと…。

保育所くらいしか行ってないなあ、次女。

今朝発熱に気付いて、今日は午後診が休診だから午前診の最後の時間を予約して受診しました。
午後診もやってる曜日だったら、確実に午後診で受診してたと思います。

早めの受診となりましたが、あっさり陽性が出てくれたので
数時間でも早く治療を開始できて結果良かったです♪♪

検査キットをセットしてもらってから2~3分ではっきり陽性反応が出てたから、
発熱に気付いたのが今朝だっただけで、ゆうべのうちから微熱くらいはあったのかもしれません。
元気そうに見えてたけど。

インフルエンザ治療薬は増えてるけど、小児科によっては従来通りタミフルのみ

私と夫が受診した病院も近所の町医者というか個人病院だったのですが、
治療薬はタミフル、リレンザ、イナビル、ラピアクタ(点滴)から選んでください、とのことでした。

でも子供のかかりつけの小児科(個人病院)からはタミフルしか選択肢がありませんでした。

看護師さんに点滴はできるか聞いてみたら、「大きい病院じゃないとできないんじゃないかな?」とのことでした。

次女は5歳なので、吸入の薬リレンザとイナビルも使えるのですが、
子供たちのかかりつけの小児科ではまずタミフルのようです。

長男が10歳を過ぎてからは、同じ小児科でもリレンザが処方されるので年齢によるのは確実ですね。
10歳以上の子供にはタミフル出せませんもんね、今。

まあ、あるんだから希望すればリレンザも出してもらえるんだろうけど、
先生的に5歳児にはリレンザよりもタミフルなんだろうな。

スポンサーリンク
  1. コメントはありません。

  1. トラックバックはありません。

スポンサーリンク

子育て中のママブログ

にほんブログ村 子育てブログへ
子育て中のママたちのブログばかりが人気順に並んでいます。
お気に入りブログを探せます。